nana inoue solo exhibition 絵本 「くままでのおさらい」出版記念展

2016年11月25日(Fri) - 2016年12月26日(Mon)

きみとわたしの さかいめは どこだろう?綴じられているのは、祈りにも似た「やさしさ」が紡いだ物語-
この秋、工芸品のごとく美しい絵本『くままでのおさらい』の誕生です。
ぎをんさかい1階ギャラリーでは、作家・井上奈奈による新作絵本『くままでのおさらい』の発行に合わせ、出版記念展を開催いたします。
今回の絵本は特装版とハンディ版による2冊同時刊行。
装版とハンディ版による2冊同時刊行。
特装版『くままでのおさらい』は全てにおいてこだわり抜かれた絵本です。
製本は手製本の老舗、「美篶堂」の職人によるもの。
印刷は中野活版印刷によるデジタル孔版印刷で刷られました。こだわり抜かれた一頁一頁には、独特の「にじみ」や、「かすれ」が表現され一冊として同じ発色がありません。
初版は限定200部の限定販売。
さらに絵本、一冊一冊には活版によるシリアルナンバーが刻まれます。

美篶堂 上島松男の言葉
私の選んだ仕事は「製本」です。
紙を截ち、糊を使い分け、数十ある製本様式に本を綴じます。
ハンドメイドと言いましても、全く機械を使わないということではありません。機械を使い、そしてなお人の手を掛ける。 一日午前8時から午後5時まで本を作り続けます。
一冊から十冊、百冊、千冊、一万冊…本を作ろうという作者がいてデザイナーがいて、編集、印刷に始まり本当に沢山の手を渡り、刷り本(印刷された紙)が製本屋に届きます。
職人仲間である数少なくなった熟練工の力も借りて、
やはりこれからも美しい本を作ります。

作家Profile 井上 奈奈
http://nana-works.com/
高校在学中に交換留学生として単身渡米。武蔵野美術大学卒業。アメリカワシントン高校在学中よりアートワークを発表。上海アートフェア・台湾アートフェアへの招待等、海外での活動も多数、2010年にはニューヨークで個展を開催。近年では建築家・ミュージシャン・写真家など異分野のアーティストとのコラボレーション企画に参加。2014年より絵本作品を発表、代表作に『ウラオモテヤマネコ』(堀之内出版)『さいごのぞう』(キーステージ21)がある。2015年は夏には原作を手掛けた『ウラオモテヤマネコ』が舞台化。雑誌や書籍の装画も多数手がけている。

「くままでのおさらい」より